ただいまクローラドリル買取強化中です!

クローラドリル高価買取

クローラドリルを売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

クローラドリルを買いたい

中古トラック・重機格安販売

クローラドリルを検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

こんなクローラドリルでも高く買取ます!

  • 新車を購入するので少しでも高く下取りしてほしい
  • どこも買い取ってくれないクローラドリル
  • 倉庫に眠っているクローラドリル
  • 仕事で不要になったクローラドリル
  • クローラドリルの買取価格の相場を知りたい

トラックジャパンでは、過走行気味なクローラドリル、車両に傷が付いてしまっているクローラドリルなど、どんな状態の重機でも買取ます。もし、倉庫に眠っている、野ざらしのまま放置してしまっているクローラドリルがある場合はぜひ、トラックジャパンへお問い合わせ下さい。

クローラドリルについて

クローラドリルとは?

クローラドリルとは クローラードリルは、岩石などに孔をあけるための自走式機械で、主に硬い岩石に発破をかける場合の削孔に使われます。 クローラ式の台車の前部に孔をあけるための装置が取り付けられています。 高度経済成長期以降、施工期間中の周辺環境の保全や市街地の密集化、狭小敷地での施工、工事期間の短縮などの要因で 杭打ち工法や建設機械の技術が進歩し、メーカー毎に多様な機能を搭載した複数種の杭打ち機が開発されており、単純な分類が困難となっています。 そんな、クローラードリルの活躍する場面としては、主に人力での穴掘り作業が困難な硬い地質の現場、地盤の悪い現場などで使用され、目立つようにオレンジ色をしたものが多いです。 また、基本的にはクローラ式が多く、公道を走行することが出来ないため、重機運搬車などに乗せて運搬しなくてはいけません。


削孔作業で活躍するクローラドリル

クローラドリルの使用用途 クローラードリルは、削孔機械に分類することが出来、ボーリングマシンやロードヘッダ、トンネル掘削機なども含まれます。 ボーリングマシンは、地盤調査や工事などのため、地中へ向けて細長い孔をあける作業であるボーリングをを行う機械のことを指し、 ロードヘッダは、自由断面トンネル掘進機のこと指しますが、最初に導入された商品名がロードヘッダだったため、その名前が通称として使われています。 また、ロードヘッダの他にブームヘッダーやミゼットマイナーなどの商品名も使われます。 国内では、三井三池製作所や古河ロックドリルなどのメーカーが製造・販売していますが、 ダンプや油圧ショベルのように一般的ではないため、あまり知名度は無いかもしれませんが、削孔作業を行う際に欠かせない重機であることは変わりません。


クローラドリルの主なお取扱いメーカー

  • 小松製作所
  • 日立建機
  • キャタピラージャパン
  • コベルコ
  • 加藤製作所
  • 日本車両製造

現在の主な日本のクローラドリル製造業者は小松製作所、日立建機を始め、加藤製作所や日本車輌製造といった様々なメーカーがあります。

【売却するなら今】中古クローラドリルの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ