ただいまスクレープドーザー買取強化中です!

スクレープドーザー高価買取

スクレープドーザーを売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

スクレープドーザーを買いたい

中古トラック・重機格安販売

スクレープドーザーを検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

こんなスクレープドーザーでも高く買取ます!

  • 新車を購入するので少しでも高く下取りしてほしい
  • どこも買い取ってくれないスクレープドーザー
  • 倉庫に眠っているスクレープドーザー
  • 仕事で不要になったスクレープドーザー
  • スクレープドーザーの買取価格の相場を知りたい

トラックジャパンでは、過走行気味なスクレープドーザー、車両に傷が付いてしまっているスクレープドーザーなど、どんな状態の重機でも買取ます。もし、倉庫に眠っている、野ざらしのまま放置してしまっているスクレープドーザーがある場合はぜひ、トラックジャパンへお問い合わせ下さい。

スクレープドーザーについて

スクレープドーザーとは?

スクレープドーザーとは スクレープドーザーは、土砂を整地・排土するブルドーザーと整地を主として活躍するスクレーパーを合わせたような重機です。 1962年に日本車輌製造株式会社が国産化した「SR62」が日車メンクの名称で販売されて以来、日本の土木業界ではスクレープドーザーの代名詞として「メンク」と使われることもあります。 スクレープドーザーは、ブルドーザーのブレードの代わりにボウルという巨大なカゴのようなものを装着しています。 このボウルの前方には上下に開閉する扉が付いていて、下部にはカッターが取り付けられています。 このスクレープドーザーを整地させたい部分を走行することで、下部のカッターが地面を整地し、ボウルの中に土をためていきます。 日本国内では、過去にキャタピラージャパンと日本車輌製造株式会社の2社がスクレープドーザーの製造・販売をおこなっていましたが、現在は製造を中止しています。


工作業で活躍するスクレープドーザー

スクレープドーザーの使用用途 スクレープドーザーは、スクレーパーと同じく、工作業サイクル(掘削、積み込み、運搬、敷均し)作業をすべて単体でこなせる一方で、ブルドーザー同様の旋回性能も持ち合わせており、特に軟弱地や不整地などでの作業で活躍します。 また、ラインナップも豊富で、小型のものから大型のものまでありましたが、近年、スクレーパ系機械は需要が減退し、現在は製造を中止しているメーカーが多いため、年々低年式化し需要と供給のバランスが崩れています。そのため、高く取引をされている車両でもあります。 日本国内では、スクレープドーザーの活躍する場は減ってきていますが、海外では多くのスクレープドーザーが使われています。アジア圏はもちろん、発展途上国の中東、アフリカ圏では需要が高まっています。 倉庫に眠っているスクレープドーザーをお持ちの方は、ぜひトラックジャパンへお問い合わせ下さい。


スクレープドーザーの主なお取扱いメーカー

  • 小松製作所
  • 日立建機
  • キャタピラージャパン
  • 日本車両製造

現在の主な日本のスクレープドーザー製造業者はキャタピラージャパンや日本車両製造などがあります。

【売却するなら今】中古スクレープドーザーの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ