ただいま活魚運搬車買取強化中です!

活魚運搬車高価買取

活魚運搬車を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

活魚運搬車を買いたい

中古トラック・重機格安販売

活魚運搬車を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

活魚運搬車について

活魚運搬車とは?

活魚運搬車とは 活魚運搬車(活魚車)とは、魚介類を運搬するために開発された特別用途自動車で、魚介類を港や市場から料亭まで生きたままの状態で輸送する際に用いられます。 また、漁港近くでは、活魚運搬車に、魚や貝を積み込む姿が見受けられます。 活魚運搬車に、エアー循環器、酸素の供給、濾過装置、水流水温調節機などが装備されていることによって、外気温の影響を受けること無く、魚を新鮮な状態のまま輸送することが出来ます。 また、水槽は断熱効果を固めるために、軽量で耐食性、遮熱性に優れたFRPと断熱材の複合板で構成されています。 この活魚運搬車によって、水揚げされた港の近くでしか食べられなかった魚介類も新鮮なまま日本全国で食べられるようになり、 この活魚運搬車がなければ、新鮮な魚が食卓に並ばないといっても過言ではありません。 そのため、新車・中古車問わず、多くの車両が幅広く利用されています。


鮮魚の運搬に活躍する活魚運搬車

活魚運搬車の使用用途 活魚運搬車で運ばれる魚介類の積載量は、水量の10%~30%程度が標準となっているため、最大積載量に対する実際の積荷の重量はそれほど多くありません。 そのため、排気量が660ccの軽クラスから、最大積載量が2tの小型クラス、総重量が25tの大型クラスまで様々なクラスがラインナップされています。 また、積み下ろしが省略化出来るようクレーンが付いているものや、パワーゲートが付いているものまであります。 さらに、運搬する積荷の量や種類によって水槽内に仕切りを作ることもできます。 このように魚介類を運搬することに特化した活魚運搬車。 需要も高く、市場や料亭などでも使用されていますが、実は、水族館への輸送などでも使われています。 不要な活魚運搬車がございましたら、トラックジャパンへ一声お掛け下さい。


活魚運搬車の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。特殊な形状になるので、架装メーカー自体は少ないですが、どのトラックにも架装可能です。

【売却するなら今】中古活魚運搬車の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ