ただいま散水車買取強化中です!

散水車高価買取

散水車を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

散水車を買いたい

中古トラック・重機格安販売

散水車を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

散水車について

散水車とは?

散水車とは 散水車は、読んで字のごとく水を撒く装置を備えたトラックで、自吸式洗浄散水車と自吸式重力散水車があります。 主に道路に水を撒く為に用いられることから、撒水車と呼ばれることもあります。 見た目は、タンクローリーやバルクローリーと同じですが、タンクに散水用のノズルが付いている点が違います。 散水車のタンク容量は~10,000Lと大容量で、一度に大量の水を運搬し、大量に放出することが可能で、吐出性能は秒間10L以上にもおよびます。 仕組みは、散水車の種類によって変わりますが、一般的には、タンク上部のマンホールから水などの散水する液体を入れて、車両下部に散水ノズルから散水します。 また、この散水方法によって機械でコントロールするものと、電気でコントロールするものに分類され、用途によって使い分けられています。


街を綺麗にする散水車

散水車の使用用途 散水車は、基本的には、道路の清掃を目的に用いられますが、高速道路脇にある街路樹などの保守やトンネル壁面の清掃、砂や埃の巻き上げ防止、凍結防止剤の散布、舗装工事のアスファルト冷却など用途は様々です。 たとえば、冬になると北海道や東北地方では、雪によって道路が凍結することがありますが、凍結を防止するために、タンクの中に凍結防止剤を入れ散布するなど活躍してます。 その散水車のラインアップとしては、小型の2t車から、中型の4t車まで幅広い大きさが取り揃えられ、道路公団から清掃業者、建設土木業者まで広い業種で使用されています。 そのため、新車・中古車問わず多くの車両が流通しています。 しかし、一年を通して、不足している車両でもあるので、不要な車両・処分を考えている車両がございましたら、ぜひトラックジャパンへご相談下さい。


散水車の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • 極東開発工業
  • 新明和工業

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主な散水車の架装業者としては極東開発工業、新明和工業、モリタエコノスがあり、日本の散水車の製造を支えています。

【売却するなら今】中古散水車の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ