ただいまコンクリートポンプ車買取強化中です!

コンクリートポンプ車高価買取

コンクリートポンプ車を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

コンクリートポンプ車を買いたい

中古トラック・重機格安販売

コンクリートポンプ車を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

コンクリートポンプ車について

コンクリートポンプ車とは?

コンクリートポンプ車とは コンクリートポンプ車は、名前の通り、コンクリートミキサーなどで運ばれた生コンクリートを圧力ポンプを使って輸送するトラックです。 一般車両が進入できない狭い場所や高層建造物などの高い場所に、生コンクリートを圧力ポンプを使って輸送します。 そのため、生コンクリートを作業場所に圧送するためのホースと折りたたみ式のブームを装備しています。 また、コンクリートポンプ車には、作業時にアウトリガーを地面に張り出して作業する「ブーム車」、ブームが装備されておらず、作業場でホースを直接配管して圧送する「配管車」があります。 ちなみに、コンクリートポンプ車は、コンクリートの送り出し方によって種類が分けられます。 ホースの回転ローラーを稼動させることで、ホース内の生コンクリートを送り出す方式のスクイーズ式と、油圧ピストンを利用し、一度に大量のコンクリートを送出するピストン式に二分されます。


コンクリートの運搬に活躍するコンクリートポンプ車

コンクリートポンプ車の使用用途 コンクリートポンプ車の需要は、あまり多くはありませんが、独自の機能を持った特殊車両なので、需要が絶えることはありません。 1907年にドイツで開発され、日本では1965年頃から普及し始め、今では建築現場で欠かせない車両といっても過言ではありません。 ちなみに、現在の主流は、ブームを架装したタイプの折りたたみ式4段ブームで、高所など輸送が難しい場所への圧送に使われています。 車両の大きさとしては、大型トラックが多く、プロフィアやギガなどの車両に架装されていることが多いです。 また、コンクリートポンプ車を操作をする際には、トラックの大きさに応じた自動車免許と「車輌系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置の操作の業務に係る特別教育」の資格が必要になります。


コンクリートポンプ車の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • カヤバ工業
  • 極東開発工業
  • 新明和工業

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主なコンクリートポンプ車の架装業者としてはカヤバ工業(KYB)、極東開発(2006年よりカヤバ工業のOEM販売に切替)、新明和工業があり、日本のコンクリートポンプ車の製造を支えています。

【売却するなら今】中古コンクリートポンプ車の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ