ただいまロールオン買取強化中です!

ロールオン高価買取

ロールオンを売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

ロールオンを買いたい

中古トラック・重機格安販売

ロールオンを検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

ロールオンについて

ロールオンとは?

ロールオンとは トラックの荷台を自力で脱着することができる車は通称「ロールオン」と呼ばれています。 しかし、実際にはロールオンは新明和工業の商品名であり、正式名称は「脱着ボディーシステム車」といいます。 製造会社によって「アームロール」「フックロール」「マルチリフト」「ロールオン」と呼び方が変わります。 ロールオンの脱着できるボディ部分をコンテナと呼び、コンテナを傾斜づけることも可能なためダンプ排出も出来るようになっています。 似た形状に、アールロールやロールオンがありますが、その違いは、アームロールはフックでコンテナを脱着するのに対して、ロールオンはワイヤロープで脱着を行います。 そのため、狭い場所や建物内でのコンテナの脱着が有利に行うことができ、ワイヤロープによる脱着方式なので、多少離れた位置(ロープ長の制限内)からでも、コンテナを引き上げることができます。


狭い場所で活躍するロールオン

ロールオンの使用用途 ロールオンのメリットの一つとして、積み荷の形状に合わせてコンテナを積替えることで利用・応用できる範囲を広げることができます。 これは、アームロールやフックロールと同じですが、やはり大きな点は、狭い場所や建物内でコンテナの脱着を行うことが出来る点です。 そのため、コンテナ全体の高さを抑えたい事業の方や、狭い場所でコンテナを脱着したい事業の方に多く使用されています。 また、1台のキャリアと数個のコンテナを組み合わせることにより、輸送のシステムがより効率化されます。 ダンプやバンだと、積み荷を降ろす時間も計算する必要がありますが、 このロールオンの場合、短時間でコンテナを積み替えることが出来るといった点も、ロールオンを導入する理由として挙げられます。 このように、多くの現場で活躍するロールオンですが、中国、タイ、インド、マレーシア、インドネシアなどの東南アジアを中心とした海外でも、需要が増加しつつあります。


ロールオンの主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • 新明和工業
  • 極東開発工業
  • ヒアブ

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)になります。 主なロールオンの製造業者としては、発売よりシェア1位を保ち続けている新明和工業(アームロール・ロールオン・マルチローダ)、極東開発工業(フックロール)、ヒアブ(マルチリフト)、フジ特車(パワーローダ)などがあります。

【売却するなら今】中古ロールオンの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ