ただいまフルクレーン買取強化中です!

フルクレーン高価買取

フルクレーンを売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

フルクレーンを買いたい

中古トラック・重機格安販売

フルクレーンを検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

フルクレーンについて

フルクレーンとは?

フルクレーンとは フルクレーンとは、トラッククレーンの一種で、荷台部分がなく、走行用の運転席とクレーン操縦席が別々になっているのが特徴です。 一般的なクレーン車は、トラックシャーシ・運転席・クレーンブーム及び制御部・荷台を持つもので、クレーンで有名な古河ユニック株式会社の商品名をとって「ユニック車」「ユニック付きトラック」と呼ばれることが多くなっています。 しかし、フルクレーンはトラックシャーシ・運転席・クレーンブーム・運転台及び旋回部を持ち、荷台を持ちません。 クレーンを360度回転させることができるため、重たい荷物でも軽々と吊り上げることができます。 その際に、安定性を確保するためにアウトトリガーを伸ばすので、重たい荷物でも車体が転倒することなく作業できます。 また、トラックがベースで作られているため、走行性が高く、小型トラックのフルクレーンは、通路の狭い現場などでも使うことが出来ます。 公道を自走できるラフテレーンクレーンのように速度リミッターがないので、速やかに作業現場へ向かうことが可能です。


工事現場や建設現場で活躍するフルクレーン

フルクレーンの使用用途 フルクレーンの駆動は、油圧ポンプで油圧モーターや油圧シリンダを動かす油圧式と動力を機械的に伝達する機械式があります。 このクレーンを操作するには、トラッククレーン同様にトラックの運転免許に加え 「移動式クレーン運転士免許」が必要になります。 活躍する現場としては、主に鉄やコンクリートなどの重い建材を使用する工事現場や建設現場で多く使われ、人の手では運ぶ事の難しい資材・建材も楽に下ろすことが可能になっています。 また、フルクレーンの架装はクレーン車を専用に作っているメーカーが行っており、主にタダノや加藤製作所が製造しています。 日本国内では「ラフテレーンクレーン」「オールテレーンクレーン」に置き換わりつつありますが、まだまだ活躍する姿を見かけることが出来ます。


フルクレーンの主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • UNIC
  • タダノ
  • 加藤製作所
  • 新明和工業
  • コベルコ建機

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主なクレーン製造業者としては、古河ユニック(ユニック車)、タダノ(カーゴクレーン)、加藤製作所(積載型クレーン)、新明和工業、コベルコ建機があり、日本のクレーン製造を支えています。

【売却するなら今】中古フルクレーンの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ