ただいまパネルウィング買取強化中です!

パネルウィング高価買取

パネルウィングを売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

パネルウィングを買いたい

中古トラック・重機格安販売

パネルウィングを検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

パネルウィングについて

パネルウィングとは?

パネルウィングとは パネルウィングとは、バンボディがパネルで来た箱型のトラックで、側面が翼のように開くパネル製の箱が架装されてます。 荷台の両側のルーフパネルが上下に開閉し、操作は、荷台側面にあるボタンで操作するものが一般的です。 また、パネルの素材は、アルミやアルミをベニヤ合板で補強したものが使われることが多く、積載物を風雨や直射日光、埃から守ることが出来ます。 パネルウイングは、幌車のように積み下ろし時にシートや幌がけをする必要が無く、左右のルーフパネルが開くため、フォークリフトを用いた積み込み作業が行うことが出来ます。 そのため、運送業の方々や、宅配便などの集配業の方など幅位広い業種で使用されており、新車・中古車ともに人気のある形状です。 販売されているトラックも小型トラックから大型トラックまでラインナップされ、街なかを歩いていても多くの車両を見ることが出来ます。


荷役作業の効率的が図れるパネルウィング

パネルウィングの使用用途 パネルウィングと似た車両に、パネルバンがありますが、大きな違いとしては、荷台の左右が開くか開かないかが挙げられます。 パネルバンは、後方の扉しか開きませんが、パネルウィングは、左右が開きます。そのため、積み込みや積み下ろしが効率的に行うことが出来ます。 また、アルミウィングや幌ウィングも似た形状に挙げられますが、これは、荷台の素材によって名称が変わります。 アルミウィングは、素材がアルミで作られ、幌ウィングは、幌で覆われています。 架装をする際に、費用を抑える場合や、積載量を増やしたい場合など用途に合わせて選ばれています。 このように、パネルウィングは、このような汎用性の高さ、大量の荷物を効率よく運搬できる利便性から、中古車市場でも需要があり、高価買取されるため安価での販売が可能で流通も整っています。


パネルウィングの主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • パブコ
  • 日本フルハーフ
  • 日本トレクス
  • 東急車両製造
  • 小平産業
  • 浜名ワークス

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主なウイングボディ製造業者としては、パブコ、日本フルハーフを代表に、日本トレクス、東急車両製造、トランテックス(日野車体工業)、小平産業、浜名ワークス、北村製作所、山田車体工業、SGモータース、矢野特殊自動車などがあり、日本のウイングボディ製造を支えています。

【売却するなら今】中古パネルウィングの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ