ただいまコンテナ専用車(コンテナトレーラー)買取強化中です!

コンテナ専用車高価買取

コンテナ専用車(コンテナトレーラー)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

コンテナ専用車(コンテナトレーラー)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

コンテナ専用車(コンテナトレーラー)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

コンテナ専用車について

コンテナ専用車(コンテナトレーラー)とは?

コンテナ専用車とはコンテナを専門に積載するトラックの総称となっており、貨物用コンテナを荷台に積載するコンテナトレーラーと自力で荷台(コンテナ)部分を脱着できる特殊な形状をしたアームロールと呼ばれるトラックがそう呼ばれています。前者のコンテナトレーラーは「トラクター(またはトラクターヘッド)」と呼ばれる牽引車にトレーラーと呼ばれる被牽引車から構成されています。日本だけでなく世界の港での荷役を可能にするためISO(国際標準化機構)で規格化された海上コンテナ略して海コンと呼ばれる貨物用コンテナを積載できるため、貿易現場での輸出入品の運搬で活躍しています。

また、後者のアームロール(またはフックロール)と呼ばれるコンテナ専用車は荷台を自力で脱着できるため、複数の用途別コンテナを用意すれば、積む・降ろす・交換するといった作業がトラック1台ででき荷役の人件費削減にも繋がるため一般貨物の輸送から建築資材・農産物の運搬など様々な業界で活躍しています。

コンテナ専用車とは


輸出入品の運搬に大活躍のコンテナ専用車(コンテナトレーラー)

コンテナ専用車の使用用途 コンテナ専用車の中でも海上コンテナなど貨物用コンテナを運搬するコンテナトレーラーは機械部品から食料品など様々な輸出入品の運搬で活躍しています。積載するコンテナのサイズには12フィート(3.6576 メートル)、20フィート、40フィートがあり荷台の長さは最長で約12.4mになります。そのため、安全運行に配慮したRSPという横転抑止装置を装備した車体も発売されており、道路交通法でも予め申請して許可されたルートに限ってのみ運行する事が認められています。また、町中を走るトラックとは違いコンテナトレーラーなど特殊なトラックは「特殊車両通行許可」という特別な許可が必要となり、車高の制限が海外よりも厳しい日本の場合40フィートの海上コンテナを積載する際にも車高を規制以下に抑えるため荷台部分を低床化するなどの注意が必要です。

コンテナ専用車(コンテナトレーラー)の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • 日本トレクス
  • 日本フルハーフ
  • 極東開発工業
  • 日本車両
  • 東急車両製造
  • 新明和工業

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主なコンテナトレーラー製造業者としては、日本トレクス、日本フルハーフ、東急車両製造株式会社、アームロール製造業者としては極東開発工業、日本車両、新明和工業があり、日本のコンテナ専用車製造を支えています。

【売却するなら今】中古コンテナ専用車(トレーラー)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ