ただいまオールテレーンクレーン(オルタークレーン)買取強化中です!

オールテレーンクレーン(オルタークレーン)高価買取

オールテレーンクレーン(オルタークレーン)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

オールテレーンクレーン(オルタークレーン)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

オールテレーンクレーン(オルタークレーン)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

こんなオールテレーンクレーンでも高く買取ます!

  • 新車を購入するので少しでも高く下取りしてほしい
  • どこも買い取ってくれないオルター
  • 倉庫に眠っているオルター
  • 仕事で不要になったオルター
  • オルターの買取価格の相場を知りたい

トラックジャパンでは、過走行気味なオールテレーンクレーン、車両に傷が付いてしまっているオールテレーンクレーンなど、どんな状態の重機でも買取ます。もし、倉庫に眠っている、野ざらしのまま放置してしまっているオールテレーンクレーンがある場合はぜひ、トラックジャパンへお問い合わせ下さい。

オールテレーンクレーン(オルタークレーン)について

オールテレーンクレーン(オルタークレーン)とは?

オールテレーンクレーン(オルタークレーン)とはオールテレーンクレーンとは移動式クレーンの一種であり、「オルタークレーン」とも呼ばれています。オールテレーンクレーンは、ラフテレーンクレーンが走行とクレーン操作を1つの運転席で行うのに対し、走行台車(キャリヤ)とクレーンにそれぞれ運転席が配置されているクレーンのことを指します。また、走行台と上部旋回体(クレーンとクレーン運転席)を分解して運べる構造になっており、吊り上げ重量が100t~最大550tと大型のものでも分解することで、寸法や重量で道路交通法の規制を受けることなく現場まで移動できます。さらに、トラッククレーン、ラフテレーンクレーンのほとんどが2軸(4輪)車であるのに対し、オールテレーンクレーンは最大9軸(18輪)車までラインナップされているため車体の安定性に優れており、高所への作業に適しているため高層ビルやマンションの建設現場などで重宝されています。


大型・高層ビル等の建設現場で大活躍のオールテレーンクレーン(オルタークレーン)

オールテレーンクレーン(オルタークレーン)の使用用途移動式クレーンの中でもオールテレーンクレーンは、トラッククレーンの機動性とラフテレーンの不整地走行性能だけでなく、高所への作業において必要とされる車体の安定性も合わせ持っています。そのため、高層ビル・マンション・橋梁・港湾・風力発電の建設などの大きな建物の建設現場において、なくてはならない存在になっており、ヨーロッパでもクレーンの市場の7割をオールテレーンクレーンが占めるなど、その利便性は海外でも十分に証明されています。日本でオールテレーンクレーンを製造・販売しているメーカーとしては加藤製作所やタダノが有名ですが、海外メーカーのものも多く出回っています。近年では、コベルコクレーンが世界最大手のホイール系クレーンメーカーであるドイツのグローブ社からOEM供給を受け製造・販売している高性能な機種が注目を集めました。日本での公道走行に際しては、ほとんどの車両が道路交通法に定められた制限重量を超えるため特殊車両の扱いとなります。また、オールテレーンクレーンは最大吊り上げ荷重が5t以上からとなっているため、クレーンを運転する際には移動式クレーン運転士免許も必要となります。


オールテレーンクレーン(オルタークレーン)の主なお取扱いメーカー

  • 加藤製作所
  • タダノ
  • コベルコクレーン
  • LIEBHERR

現在の主な日本のオールテレーンクレーンのメーカーは、主に加藤製作所、タダノ(TADANO)、コベルコクレーンです。海外メーカーとしてはドイツのリープヘル(LIEBHERR)がリープヘルジャパンとして直接販売をしているほか、米国のテレックス社がIHI建機に業務を委託し輸入販売を行っています。

【売却するなら今】中古オールテレーンクレーンの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ