ただいま締固め用機械(ロードローラー)買取強化中です!

締固め用機械(ロードローラー)高価買取

締固め用機械(ロードローラー)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

締固め用機械(ロードローラー)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

締固め用機械(ロードローラー)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

こんなロードローラーでも高く買取ます!

  • 新車を購入するので少しでも高く下取りしてほしい
  • どこも買い取ってくれないロードローラー
  • 倉庫に眠っているロードローラー
  • 仕事で不要になったロードローラー
  • ロードローラーの買取価格の相場を知りたい

トラックジャパンでは、過走行気味なロードローラー、車両に傷が付いてしまっているロードローラーなど、どんな状態の重機でも買取ます。もし、倉庫に眠っている、野ざらしのまま放置してしまっているロードローラーがある場合はぜひ、トラックジャパンへお問い合わせ下さい。

締固め用機械(ロードローラー)について

締固め用機械(ロードローラー)とは?

締固め用機械(ロードローラー)とは締固め用機械とは建設現場で地面をローラーで押し固める建設機械の総称で「ロードローラー」とも呼ばれています。その形状によって大きく3つに分類されており、車輪(鉄輪)を三輪車形に配置しているマカダム式ローラー、車輪(鉄輪)を前後一輪ずつ串形に配置したタンデム式ローラー、3~4個の大きな空気入りタイヤを左右一列に配置した車軸を前後に配置したタイヤ式ローラー(タイヤローラー)があります。締固め用機械は主に道路の舗装工事の現場などで活躍しており、基本的にモーターグレーダーなどの重機が敷きならした材料を押し固める役割を担っています。大きな鉄輪を前後に配置したタンデム式ローラーは工事現場などでも見かける機会の多い建設機械の1つです。


舗装工事に大活躍の締固め用機械(ロードローラー)

締固め用機械(ロードローラー)の使用用途締固め用機械は道路の舗装工事でモーターグレーダーなどの重機が敷きならした材料を締め固める役割を担っています。締固め用機械の種類によって得意とする作業も分かれており、マカダム式ローラーは平坦な仕上げを得意としているため路床・路盤工事に適し、タンデム式ローラーは接地面積の大きいタイヤを備えているためアスファルト舗装の表層仕上げに適しています。また、タイヤ式ローラーは車体の重量をタイヤの内圧とバラスト(車体に積む重量物)で変化させることができるので比較的軟弱な地盤でも作業が可能となっています。さらに、締固め用機械の中にはコンバインド式と呼ばれる機種もあります。前部に接地面積の大きい鉄輪を持ち、後部にタイヤを一列に並べた鉄輪ローラーとタイヤローラーの両方の機能を合わせ持つ構造から、路床・路盤工事から仕上げに至るまで幅広く使われ、さまざまな舗装工事の現場で活躍しています。


締固め用機械(ロードローラー)の主なお取扱いメーカー

  • KCM
  • 酒井重工業
  • キャタピラージャパン
  • 日立建機
  • 住友建機株式会社
  • 小松製作所

現在の主な日本の締固め用機械(マカダムローラー/タンデムローラー/タイヤローラー)のメーカーとしては、主に川崎重工業の子会社であるKCM、酒井重工業、キャタピラージャパン(Caterpillar・CAT)、日立建機、住友建機株式会社、小松製作所(コマツ・KOMATSU)があります。 また、海外メーカーとしては日本で40年に渡り日本の法人を通じて建設機械の製造・販売を行っていたドイツのBOMAGですがコベルコに輸入・販売の事業を引き継いだため、直接販売を終了しています。

【売却するなら今】中古ロードローラーの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ