ただいま穴掘建柱車(ポールセッター)買取強化中です!

穴掘建柱車高価買取

穴掘建柱車(ポールセッター)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

穴掘建柱車(ポールセッター)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

穴掘建柱車(ポールセッター)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

穴掘建柱車(ポールセッター)について

穴掘建柱車(ポールセッター)とは?

穴掘建柱車とは

穴掘建柱車とは、掘削・建柱・吊上げ・抜柱などを行なえる掘削スクリューを装備した特殊車両タイプのトラックです。「建柱車」「ポールセッター」「建柱クレーン」などといった呼び名があります。穴掘建柱車は、1960年代に工事用車両の急速な普及と共に登場し、1965年には油圧式の穴掘建柱装置と抜柱装置を備えたものが実用化されました。基本的には2t車、3t車、4t車などの比較的小さい車両で扱われることが多く、建柱工事や基礎工事などでかかせない存在となっています。穴掘建柱以外の部分はクレーン車と同じになっており、アウトリガーを使って安定した作業を行うことが出来ます。


穴掘建柱車(ポールセッター)の使用用途は?

穴掘建柱車の使用用途

穴掘建柱車は、電設の建柱工事を主として電気工事、通信工事、建物などの基礎工事といった土木建設などに使われています。掘削の先端にあるオーガと呼ばれるドリル部分はアタッチメント式になっており、装備を変更することで土砂はもちろんのこと硬土・硬岩・さんご地盤・凍土・溶岩といった硬い岩盤などの掘削にも対応できるようになっています。最近の穴掘建柱車は「長尺化」「大型化」「スピード化」などの要望に応えるため複数段の伸縮ブームを備え、広範囲までスムーズに作業を行うことが可能になっています。ちなみに、一度オーガを使用すると大量の土がオーガに付着するのですが、バイブレータ機能がついているため土を簡単に落とすことができ、掘削機能を落とすことなく次の作業にとりかかることが出来るようになっています。


穴掘建柱車(ポールセッター)の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • アイチコーポレーション
  • タダノ

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主な穴掘建柱車製造業者としては、アイチコーポレーション(ポールマスター)、タダノ(ポールセッター)などがあり、日本の穴掘建柱車製造を支えています。

【売却するなら今】中古穴掘建柱車(ポールセッター)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ