ただいまミニショベル(ミニユンボ)買取強化中です!

ミニショベル高価買取

ミニショベル(ミニユンボ)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

ミニショベル(ミニユンボ)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

ミニショベル(ミニユンボ)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

こんなミニショベルでも高く買取ます!

  • 新車を購入するので少しでも高く下取りしてほしい
  • どこも買い取ってくれないミニユンボ
  • 倉庫に眠っているミニユンボ
  • 仕事で不要になったミニユンボ
  • ミニユンボの買取価格の相場を知りたい

トラックジャパンでは、過走行気味なミニショベル、車両に傷が付いてしまっているミニショベルなど、どんな状態の重機でも買取ます。もし、倉庫に眠っている、野ざらしのまま放置してしまっているミニショベルがある場合はぜひ、トラックジャパンへお問い合わせ下さい。

ミニショベルについて

ミニショベル(ミニユンボ)とは?

ミニショベルとは

油圧ショベルとは、建設機械や重機の中でも特に有名且つ一般的な自走式建設機械です。呼び名としては、「油圧ショベル」「ユンボ」「パワーショベル」「ショベルカー」「ドラグショベル」などがあり、また、バケットの大きさが0.25立方メートル未満で車両重量が6トン未満のものをミニショベル(ミニユンボ)として区別しています。ミニショベルは、バケットの大きさによって機械本体の大きさが変わり小さくなるため建設現場だけでなく農道などの狭い現場でも小回りが効き重宝されています。また、油圧ショベルよりも安価で自営業の農業関係者なども手が出しやすい値段のため、農家の中にはミニショベルを複数台所有している人も多く、農道の開拓・土の撹拌・排水溝づくり・古木の引き抜きなどマルチに活躍しています。


多種多様な現場で大活躍のミニショベル(ミニユンボ)

ミニショベルの使用用途ミニショベルは油圧ショベルと同様に装備するアタッチメントにより多種多様な作業が行えるため、建設現場だけでなくあらゆる現場で活躍しています。中でも、農家ではトラクタよりも多様性のあるミニショベルが土の撹拌だけでなく農地整備にも役に立つことからミニショベルの起用が高まっており、そのため、高齢者が安心して農作業に取り組めるように車高を低くするなどの工夫がされたミニショベルや、解体現場や産業廃棄物を処理する現場などの、粉塵などの多い現場でも耐えられる構造にしたミニショベルの導入なども増えています。また、ミニショベルよりも更にサイズの小さいマイクロユンボという油圧ショベルもあり、日常の雑草取りなどに重宝され庭いじりをする人の間での購入も増えています。ミニショベルを製造するメーカーの中でも世界で初めてミニショベルを開発した竹内製作所の製造するミニショベルはEUで第2位、北米で第3位と根強い人気を得ています。平均稼働時間が日本の2倍といわれる海外の過酷な現場でも耐久できる頑丈さから『建機のベンツ』とも呼ばれており、世界的な事件であるベルリンの壁崩壊時には高くて狭い場所での壁の解体作業で大活躍しました。

ミニショベル(ミニユンボ)の主なお取扱いメーカー

  • 小松製作所
  • 日立建機
  • キャタピラージャパン
  • コベルコ
  • 住友建機株式会社
  • IHI建機
  • クボタ
  • ヤンマー
  • 竹内製作所
  • 北越工業(エアマン)

現在の主な日本の油圧ショベルのメーカーとしては、主に小松製作所(コマツ・KOMATSU)、日立建機(Hitachi)、キャタピラージャパン(Caterpillar・CAT)、コベルコ建機(Kobelco)、住友建機、IHI建機、竹内製作所、クボタ(KUBOTA)があります。
また、小型の油圧ショベルであるミニショベル(ミニユンボ)は上記メーカーに加え、ヤンマー(YANMAR)や北越工業(エアマン)、長野工業でも取り扱っています。

【売却するなら今】中古ミニショベル(ミニユンボ)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ