ただいま高所作業車(トラック積載型)買取強化中です!

高所作業車(トラック積載型)高価買取

高所作業車(トラック積載型)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

高所作業車(トラック積載型)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

高所作業車(トラック積載型)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

高所作業車(トラック積載型)について

高所作業車(トラック積載型)とは?

高所作業車(トラック積載型)とは

高所作業車とは、高所で作業を行うために作業台を昇降させる装置を有する特殊車両のことです。構造によって分類があり、クレーンのようなブームを備え、そのブームの起伏(昇降)・伸縮・旋回により高所作業が可能な「ブーム式」と、プラットフォームが垂直に昇降する構造の「垂直昇降式(リフト式)」に分かれています。また、トラック搭載型以外にも建設機械で自走タイプの高所作業車も存在します。高所作業車の高さには、6m~32mのものまであり、目的に合わせた高さを選ぶことが可能になっています。また、現在最も一般的な架装タイプは12mの高所作業車に需要が集まり、人気を高めています。


高所作業車(トラック積載型)の使用用途は?

高所作業車(トラック積載型)の使用用途高所作業車の主な使用用途は、電力や電話会社などでの電気設備の整備・保守・取り付け、高い場所にある公共設備の設置・保守、建設現場における溶接や塗装といった高所作業、空調設備メンテナンス、造園・街路樹整備、空港や格納庫での航空機整備、高層住宅での引っ越し(家財の搬入・搬出)、広告塔・ネオンサインの設置、ドラマや映画の俯瞰撮影など、多岐にわたって活躍しています。ブームの先端には作業者が乗るための作業台があり、高所での作業でも安定した作業が出来るようになっています。作業台の種類には、床に手すりを付けた「プラットホーム」、床及び囲いが籠状の「バスケット」、床及び囲いが一体構造となっている「バケット」といった種類があります。ブームの型には、ブームを90度近くに起こし、その後真っ直ぐに伸ばしていく「直伸式(伸縮式)」、数段に分かれて折り曲げ可能なブーム構造になっている「屈伸式(屈折式)」、その両方を兼ね備えた構造になっている「シザース式」などがあります。


高所作業車(トラック積載型)の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • アイチコーポレーション
  • タダノ
  • 新明和工業

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主な高所作業車製造業者としては、アイチコーポレーション(スカイマスター)、タダノ(スカイボーイ)、新明和工業(スカイムーバ―)などがあり、日本の高所作業車製造を支えています。

【売却するなら今】中古高所作業車(トラック積載型)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ