ただいまコンクリートミキサー(ミキサー車)買取強化中です!

コンクリートミキサー(ミキサー車)高価買取

コンクリートミキサー(ミキサー車)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

コンクリートミキサー(ミキサー車)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

コンクリートミキサー(ミキサー車)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

コンクリートミキサー(ミキサー車)について

コンクリートミキサー(ミキサー車)とは?

コンクリートミキサー(ミキサー車)とはコンクリートミキサーとは、荷台部分に生コンクリートが固まらないようにかき混ぜるミキシングドラムを備えたトラックです。回転可能な円筒形の容器に生コンクリート収めて、走行中も攪拌することが出来ます。コンクリートミキサーの他にも「トラックミキサー」や「ミキサー車」、「生コン車」、専門的には「アジテータ」「アジテータ・トラック」「トラック・アジテータ」「移動式ミキサー」といった呼ばれ方があります。工事関係者以外の一般社会では「ミキサー車」の名前で呼ばれることが多く、土木・建築業界の一部や官公庁では「アジテータ」と呼ばれる傾向にあります。セメントや骨材、混和剤などを水と共に回転式の容器内に投入し攪拌することでコンクリートを製造する機械は「ミキサー」と呼ばれ、工事現場での利便性の為にその多くが移動式の「ミキサー車」や「移動式ミキサー」「生コン車」と呼ばれています。ミキサー車の構造は生コンクリートを積載するドラム、生コンクリート投入口のホッパ、じょうごの役目を持つフローガイド、生コンクリートを目的の荷下ろし位置に導く樋(筒状の液体を運ぶ装置)であるシュート、洗浄用の水タンク・水ポンプ・汚水受け装置、操作装置で構成されています。また、ミキサー車は小規模な現場を除き複数台で隊列を組むことが多いため、無線機を装備していることが多くなっています。


コンクリートミキサー(ミキサー車)の使用用途は?

コンクリートミキサー(ミキサー車)の使用用途コンクリートミキサーは、「バッチャープラント」や「生コン工場」と呼ばれる製造工場から建設や土木の工事現場へ生コンクリートを輸送するために使われます。生コンクリートは常に攪拌させなければすぐに固まり使い物にならなくなるため、ドラムの回転及び内部のブレードによって長時間の移動に対応しています。ドラムの容量は2t車~10t車までが一般的になっており、その中でも中小工事に向いて且つ普通中型免許で乗れる4t車と、大量輸送が可能な10t車の人気が高まっています。「ミキサー車」と「アジテータ」は、厳密には、材料を入れてコンクリートを製造出来る車両をミキサー車、現場まで骨材とセメントが分離しないよう混ぜながら移動する車両をアジテータと呼び分けているようですが構造的に大差はなく、生コンクリートの輸送が容易になったこと、現場内に製造設備を設置することもあるためアジテータが普及していますがミキサー車もアジテータとして使えるものが主流になっていることから厳密に区別されなくなってきています。


コンクリートミキサー(ミキサー車)の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • カヤバ工業
  • 極東開発工業
  • 新明和工業

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主なミキサーの架装業者としてはカヤバ工業(KYB)、極東開発(2006年よりカヤバ工業のOEM販売に切替)、新明和工業があり、日本のミキサー車の製造を支えています。

【売却するなら今】中古コンクリートミキサー(ミキサー車)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ