ただいまトラクター(トレーラー)買取強化中です!

トラクター(トレーラー)高価買取

トラクター(トレーラー)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

トラクター(トレーラー)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

トラクター(トレーラー)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

トラクター(トレーラー)について

トラクター(トレーラー)とは?

トラクター(トレーラー)とは牽引自動車(牽引車)とは、(主に貨物自動車)の形態の一つで、運転席と荷台や客車が分離できる構造出来るものを指します。前者の運転席側である被牽引車を引っ張る牽引車のことを「トラクター(またはトラクターヘッド)」と呼び、後者の被牽引車のことを「トレーラー」と呼びます。また、牽引車と被牽引車をまとめた名称として「トレーラ(全日本トラック協会)」「トレーラー連結車(国土交通省)」と呼称しています。1930年にアメリカ合衆国から10台のトレーラーが初めて輸入され、1944年に日本通運が初の国産トレーラーを製作し、終戦後の1946年に日野自動車がボンネットタイプ及び平ボディ型のトレーラーの生産を始め、広まっていきました。トレーラーの種類には、日本で最も一般的であらゆる用途に使われるトラクターとトレーラーが連結されることを前提とした構造の「セミトレーラー」、トレーラー荷重のほとんどがトレーラー自身にかかる構造で一台の貨物車の後ろに単体の荷台が連結されたものを「フルトレーラー」、鉄骨・レール・鉄道車両・建造物の壁などのコンクリート製品といった長尺かつ分解しにくいポールと呼ばれるものを運搬する際に使う積載物自体をフレームとすることでトラクターとトレーラーが連結されるタイプのものを「ポールトレーラー(奴【やっこ】)」などがあります。


あらゆる場面で活躍のトラクター(トレーラー)

トラクター(トレーラー)の使用用途トラクターの種類には、セミトレーラーを牽引するセミトラクター、フルトレーラーを牽引するフルトラクター、ポールトレーラーを牽引するポールトラクターなどがあります。また、その用途や積荷によって「カーゴ・バン型」「ウィング型「平ボディ型」」「タンクローリー」「ダンプトレーラー」「低床式トレーラー」「キャリアカー」「コンテナ」などに分かれ、多くの積載物の輸送に役立っています。日本では普通トラックは最大積載量11トンまでと定められていますが、1999年の規制緩和によりダンプトレーラーでの土砂運搬が可能になり、より多くの土砂運搬を一度に行えるようになりました。ただし、道路や橋梁の規格を超えた重量になってしまった場合は「特殊車両の通行許可」という制度により、道路管理者に許可申請を行い許可証を交付してもらう必要があります。日本でのトレーラーのシェアは圧倒的にセミトレーラータイプが多く、土石採取場からコンクリートプラントまでの原料の運搬などに用いられることが多いため、積載量が概ね18トンの小回りの利くタイプが人気になっています。


トラクター(トレーラー)のお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • 新明和工業
  • 極東開発工業
  • 日本車両
  • 東急車両製造
  • 小平産業

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主なトレーラー製造業者としては、新明和工業、極東開発工業、日本車両製造、東急車両製造、小平産業、日本トレクスがあり、日本のトレーラー製造を支えています。

【売却するなら今】中古トラクター(トレーラー)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ