ただいまトラッククレーン(ユニック車)買取強化中です!

トラッククレーン(ユニック車)高価買取

トラッククレーン(ユニック車)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

トラッククレーン(ユニック車)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

トラッククレーン(ユニック車)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

トラッククレーン(ユニック車)について

トラッククレーン(ユニック車)とは?

トラッククレーン(ユニック車)とはトラッククレーン(クレーン付トラック)とは市販のトラックにクレーンを架装させたトラックのことです。トラッククレーンにはトラックシャーシ・運転席・クレーンブーム及び制御部・荷台を持つものと、トラックシャーシ・運転席・クレーンブーム・運転台及び旋回部を持ち荷台を持たないものに分けられます。荷台を持たないトラックにクレーン装置を組み付けたものを「汎用クレーン」と呼びます。他のトラックと同様の走行性能があり、走行条件等の制約は他のホイールクレーンに比べて少なくなっています。また、荷台と運転席の間に組み付けるタイプのクレーンを「トラック搭載クレーン」「キャブバッククレーン」と呼び、クレーンで有名な古河ユニック株式会社の商品名をとって「ユニック車」「ユニック付きトラック」と呼ばれることが多くなっています。上記の他に、車体強度を上げた専用シャーシの後部にクレーンを架装したものもあり、こちらも「トラッククレーン」の一種ですが、日本国内では「ラフテレーンクレーン」「オールテレーンクレーン」に置き換わりつつあります。クレーンには吊り上げるための、人間の腕のような役割を持つブームがあり、3段ブームが一般的になっていますが4~6段のブームもあり、道路を走行する際に格納しています。また、トラッククレーンはクレーン使用時の転倒を防止するため、必ずアウトリガーを持っています。


あらゆる場面で活躍のトラッククレーン(ユニック車)

トラッククレーン(ユニック車)の使用用途トラック搭載型クレーンで有名なメーカーには古河ユニック株式会社があり、日本ではトラック搭載型クレーンのことが「ユニック車」と通称されるほどその知名度は高くなっています。車載クレーンの国内最大手メーカーであり、1961年に国産初のトラック搭載型クレーンを開発したため、「ユニック車」の名称が一般に浸透しました。ユニック車の種類には2tユニック車、3tユニック車、4tユニック車、7tユニック車、15tユニック車(大型ユニック車)など多数の種類がありますが、4tユニック車が現在最も多く普及しています。ちなみに、車載クレーンはタダノでは「カーゴクレーン」、加藤製作所では「積載型クレーン」と呼んでいます。トラッククレーンは主に鉄やコンクリートなどの重い建材を使用する工事現場や建設現場で多く使われます。クレーンを利用することで、人の手では運ぶ事の難しい資材・建材も楽に下ろすことが可能になっています。ただし、何百kgという重さの建材を扱うため、アウトリガーをきちんと装着し、その操作には細心の注意を払って安全面を確認して使用する必要があります。現在は東日本大震災に伴う災害廃棄物(がれき)の処理のために、建設機械及びトラックなどの需要が増え、被災地復興のために活躍しています。


トラッククレーン(ユニック車)のお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • UNIC
  • タダノ
  • 加藤製作所
  • 新明和工業
  • コベルコ建機

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。主なクレーン製造業者としては、古河ユニック(ユニック車)、タダノ(カーゴクレーン)、加藤製作所(積載型クレーン)、新明和工業、コベルコ建機があり、日本のクレーン製造を支えています。

【売却するなら今】中古トラッククレーン(ユニック車)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ