ただいま軽トラックダンプ(軽ダンプ)買取強化中です!

軽トラックダンプ(軽ダンプ)高価買取

軽トラックダンプ(軽ダンプ)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

軽トラックダンプ(軽ダンプ)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

軽トラックダンプ(軽ダンプ)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

軽トラックダンプ(軽ダンプ)について

軽トラックダンプ(軽ダンプ)とは?

軽トラックダンプ(軽ダンプ)とはダンプトラック(ダンプ)とは荷台を傾けて積み荷を一度に下ろすための機械装置を備えたトラックのことです。荷台を油圧シリンダの伸長する動作で傾ける仕組みですが、傾ける方向によって分類分けされており、後方に傾ける方式のものをリヤダンプ、左右側面に傾ける方式をサイドダンプ・リアと両サイドに開く三転ダンプ、高所に積み荷を下ろせるリフトダンプと呼びます。(国内シェアはリヤダンプが高くなっています)。軽トラックダンプとは、軽自動車の規格に合わされて作られた軽トラック(軽トラ)に、ダンプ機能が付いたトラックのことを言います。軽トラックの最大積載量は350kg以下であり、荷台のサイズは縦6尺(180cm)×横3尺(90cm)に若干の余裕を持たせたサイズとなっています。この寸法は現在でも日本で多く用いられている1尺(30cm)・1.5尺(45cm)という尺貫法の名残であり、このためパネル材やロール材、農業用コンテナや段ボールの収まりが良くなっています。軽トラックは悪路で使用されることが多いため、殆どのメーカーで後輪駆動モデルと四輪駆動モデルが併売されています。軽自動車であるため、通常のトラックと比べると車両価格や維持費、任意保険、車両保険などが格段に安く、個人や零細事業者による保有・維持が容易で、且つ全体の寸法等が小さい点から、狭い農道や建て込んだ住宅街の道路などの狭隘路でも取り回しが容易という長所もあります。


軽トラックダンプ(軽ダンプ)の使用用途は?

軽トラックダンプ(軽ダンプ)の使用用途軽トラックダンプは、農業・造園業。水道工事など必要な土砂や砂利が少量な場面で使われることが多くなっています。悪路を走れ、狭い路地まで小回りが利くため、特に農家で多く使われています。軽トラックは、農業機械や収穫した作物などの運搬の為に必需品になっており耐候性のある2座席の車室を持つことから、日本の短距離移動の道具としても重宝していおり、その普及ぶりから、軽トラックは日本の農村風景における点景の一つになっています。しばしば冗談めかして「田舎のベンツ」と呼ばれることもあります。また、他にも軽トラックを使った小口輸送専門の運送業者、個人商店や建築業の運搬などにも広く用いられ、日本の生活に大きく関わっています。ちなみに、軽自動車規格は日本独自のものであるため日本国内での利用が目立つ軽トラックですが、海外では通常のトラックと同系列の扱いにもかかわらずそのコンパクトさと頑丈さに信頼があり、また、改造・修理が安価なため世界各地でその姿を見ることが出来ます。


軽トラックダンプ(軽ダンプ)の主なお取扱いメーカー

  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • スバル
  • 日産
  • 新明和工業
  • 極東開発工業
  • 東急車両製造
  • 小平産業

現在、主な日本の軽トラックのメーカーは、スズキ(キャリィ)、ダイハツ(ハイゼット)、ホンダ(アクティ)、スバル(サンバー)、三菱(ミニキャブ)、日産(クリッパー)、マツダ(スクラム)、トヨタ(ピクシストラック)などがあります。主なダンプトラック製造業者としては、新明和工業、極東開発工業、東急車両製造、小平産業があり、日本のダンプ製造を支えています。

【売却するなら今】中古軽トラックダンプ(軽ダンプ)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ