ただいまブルドーザー買取強化中です!

ブルドーザー高価買取

ブルドーザーを売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

ブルドーザーを買いたい

中古トラック・重機格安販売

ブルドーザーを検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

こんなブルドーザーでも高く買取ます!

  • 新車を購入するので少しでも高く下取りしてほしい
  • どこも買い取ってくれないブルドーザー
  • 倉庫に眠っているブルドーザー
  • 仕事で不要になったブルドーザー
  • ブルドーザーの買取価格の相場を知りたい

トラックジャパンでは、過走行気味なブルドーザー、車両に傷が付いてしまっているブルドーザーなど、どんな状態の重機でも買取ます。もし、倉庫に眠っている、野ざらしのまま放置してしまっているブルドーザーがある場合はぜひ、トラックジャパンへお問い合わせ下さい。

ブルドーザーについて

ブルドーザーとは?

ブルドーザーとはブルドーザー(ブルドーザ)とは、土砂のかきおこしや盛土、整地に用いる建設機械でデコボコした不整地でも平気で進める無限軌道(クローラー)と呼ばれるキャタピラータイプの足回りを持ちます。名前の由来はブルドーザーが発明されるまで土壌の整地に役に立っていた「雄牛(Bull)が居眠り(Doze)をするほど役に立たなくなった」ことから「ブルドーザー(Bulldozer)」となりました。昔は車輪を用いるものもブルドーザーと呼びましたが、現在はホイールドーザーと呼び分け別物として扱っています。また、ブルドーザーは車両の前部に装着してある排土板(ドーザー・ブレード)で進行方向に土砂を押しだす以外にも後部に爪(リッパー)のようなアタッチメントを取り付け、大きな工事を始める時などに地面を削ったりできるなどの機能が追加され、さまざまな現場で幅広い用途で活躍しています。

どんな工事現場でも大活躍のブルドーザー

ブルドーザーは無限軌道(クローラー)と呼ばれるキャタピラー部分によって、でこぼこした不整地でも平気で進めるため、さまざまな現場で活躍しています。排土板(ドーザー・ブレード)で進行方向に土砂を押しだし整地に活躍するだけでなく、後部にリッパーと呼ばれる爪のようなアタッチメントを取り付け、大きな工事を始める際に地面を削ったりできる機能を持ちます。また湿地仕様の車体は無限軌道(クローラー)が長く、ぬかるみに沈みにくい構造になっていますし、最近ではメーカーの開発により、特殊なアタッチメントを装備することで、かなり特殊な機能をもつブルドーザーもあります。

ブルドーザーの使用用途例えばブレードの代わりにバケットを装着し土砂を盛ったりトラックに積み込んだりできる『ドーザーショベル』、 両面が使用可能なブレードを装着し、進行方向に土砂を押すだけでなく、バックしながら土砂を引き寄せられる『トリミングドーザー』、ダイバーの有線遠隔操作によって海底を走行し作業を行う電動モーター内臓の『水中ブルドーザー』などが現場で活躍しています。さらに2010年11月、日本の主要メーカーの一つであるキャタピラージャパンでは世界で初めてエレクトリックドライブを採用した『CAT D7Eエレクトリックブルドーザ』の開発により、パワーロスの少ない省燃費駆動を可能にしブルドーザーをまだまだ進化させています。

ブルドーザーの主なお取扱いメーカー

  • 小松製作所
  • キャタピラージャパン

現在ブルドーザーを製造している日本の主なメーカーは、小松製作所(コマツ・KOMATSU)のキャタピラージャパン(Caterpillar・CAT)のみとなっています。過去には三菱重工業、日立建機などの有名メーカーも製造をしていましたが、現在では販売を終了しています。

【売却するなら今】中古ブルドーザーの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ