ただいまダンプトレーラー(トレーラーダンプ)買取強化中です!

ダンプトレーラー高価買取

ダンプトレーラー(トレーラーダンプ)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

ダンプトレーラー(トレーラーダンプ)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

ダンプトレーラー(トレーラーダンプ)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

ダンプトレーラー(トレーラーダンプ)について

ダンプトレーラー(トレーラーダンプ)とは?

ダンプトレーラーとはダンプトラック(ダンプ)とは主に土砂や砂利、産業廃棄物を運搬するトラックであり、荷台を傾けて積み荷を一度に下ろすための機械装置を備えたトラックのことです。荷台を油圧シリンダの伸長する動作で傾ける仕組みですが、傾ける方向によって分類分けされており、後方に傾ける方式のものをリヤダンプ、左右側面に傾ける方式をサイドダンプ・リアと両サイドに開く三転ダンプ、高所に積み荷を下ろせるリフトダンプと呼びます。(国内シェアは圧倒的にリヤダンプが高くなっています)。ダンプトレーラーとは、普通のトラックでは運べない大きい荷物やより多くの荷物を一度に運搬する事を目的に作られたセミトレーラーまたはフルトレーラーに、ダンプの機能を兼ね備えたトラックです。普通のダンプよりも多くの粉流体運搬(食品の原料や工業品の原料など)や産業廃棄物の運搬、土砂、飼料や燃料などを運搬をすることが出来ます。


ダンプトレーラー(トレーラーダンプ)の使用用途は?

ダンプトレーラーの使用用途ダンプトレーラー(トレーラーダンプ)とは、トラックの荷台をリフトアップするダンプの機能、及び原動機を持たず、専ら牽引されるための車で、牽引するための装置を持つ自動車(トラクタ)に接続して走行するトレーラーの機能を持つダンプトラックのことを言います。日本では普通ダンプトラックは最大積載量11トンまでと定められていますが、1999年の規制緩和によりダンプトレーラーでの土砂運搬が可能になり、より多くの土砂運搬を一度に行えるようになりました。ただし、道路や橋梁の企画を超えた重量になってしまった場合は「特殊車両の通行許可」という制度により、道路管理者に許可申請を行い許可証を交付してもらう必要があります。日本でのトレーラーのシェアは圧倒的にセミトレーラータイプが多く、土石採取場からコンクリートプラントまでの原料の運搬などに用いられることが多く、積載量が概ね18トンの小回りの利くタイプが人気になっています。


ダンプトレーラー(トレーラーダンプ)の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • 新明和工業
  • 極東開発工業
  • 東急車両製造
  • 小平産業

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。 主なダンプトラック製造業者としては、新明和工業、極東開発工業、東急車両製造、小平産業、タダノ、花見台自動車があり、日本のダンプ製造を支えています。

【売却するなら今】中古ダンプトレーラーの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ