ただいまリヤダンプ(リアダンプ)買取強化中です!

リヤダンプ(リアダンプ)高価買取

リヤダンプ(リアダンプ)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

リヤダンプ(リアダンプ)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

リヤダンプ(リアダンプ)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

リヤダンプ(リアダンプ)について

リヤダンプ(リアダンプ)とは?

リヤダンプ(リアダンプ)とは

ダンプトラック(ダンプ)とは主に土砂や砂利、産業廃棄物を運搬するトラックであり、荷台を傾けて積み荷を一度に下すための機械装置を備えたトラックのことです。荷台を油圧シリンダの伸長する動作で傾ける仕組みですが、傾ける方向によって分類分けされており、後方に傾ける方式のものをリヤダンプ、左右側面に傾ける方式をサイドダンプ・リアと両サイドに開く三転ダンプ、高所に積み荷を降ろせるリフトダンプと呼びます。(国内シェアは圧倒的にリヤダンプが高くなっています)。そのリヤダンプの中でも、普通の土砂ダンプはリヤのあおりの開閉は上側ヒンジで開くのですが、下側ヒンジが開閉し、滑り台のようにフラットな状態になるダンプをLゲートダンプ(Fゲートダンプ)と言います。


リヤダンプ(リアダンプ)の使用用途は?

リヤダンプ(リアダンプ)の使用用途リヤダンプ(リアダンプ)は国内のダンプトラックで一番普及しているダンプトラックです。ダンプの使われる業種別には砂利販売業が最も多く、次いで建設業、自動車運送事業、砂利採取業、砕石業、採石業と続き、その他の使用例として、除雪用に使われることもあります。日本では普通ダンプトラックは最大積載量11トンまでと定められており、街中で一般的に見かけるダンプトラックの最大積載量は小型のものが概ね2~4トン、中型のものが概ね5~8トン、大型のものが10トン程度になっています。また、更に小さな軽自動車規格に合致する最大積載量350kg以下の車両もあります。「土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止などに関する特別処理」通称(ダンプ規制法)により、ダンプ車の側面に管轄する運輸支局、事業の種類、車両固有の番号を表示する義務があり、「販」は砂利販売業、「営」は運送業、「建」は建設業、「他」は廃棄物処理業を示しております。


リヤダンプ(リアダンプ)の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • 新明和工業
  • 極東開発工業
  • 東急車両製造
  • 小平産業

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。 主なダンプトラック製造業者としては、新明和工業、極東開発工業、東急車両製造、小平産業があり、日本のダンプ製造を支えています。

【売却するなら今】中古リヤダンプ(リアダンプ)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ