ただいま土砂禁ダンプ(深ダンプ)買取強化中です!

土砂禁ダンプ高価買取

土砂禁ダンプ(深ダンプ)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

土砂禁ダンプ(深ダンプ)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

土砂禁ダンプ(深ダンプ)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

土砂禁ダンプ(深ダンプ)について

土砂禁ダンプ(深ダンプ)とは?

土砂禁ダンプとは

ダンプトラック(ダンプ)とは荷台を傾けて積み荷を一度に下すための機械装置を備えたトラックのことです。荷台を油圧シリンダの伸長する動作で傾ける仕組みですが、傾ける方向によって分類分けされており、後方に傾ける方式のものをリヤダンプ、左右側面に傾ける方式をサイドダンプ・リアと両サイドに開く三転ダンプ、高所に積み荷を降ろせるリフトダンプと呼びます。(国内シェアは圧倒的にリヤダンプが高くなっています)。ダンプは主に土砂や砂利、産業廃棄物を運搬する目的で使われていますが、その中で土砂以外を対象した軽比重運搬用の特殊用途ダンプを土砂等積載禁止車(通称:土砂禁ダンプ)と呼びます。荷台を囲っているアオリが一般のものより高く普通のものより多く荷を詰むことが可能になっています。他にも、アオリが深いために「深ダンプ・深煽りダンプ」、軽比重運搬用なので「チップダンプ」と呼んだりもします。


土砂禁ダンプ(深ダンプ)の使用用途は?

土砂禁ダンプの使用用途

土砂禁ダンプ(深ダンプ)の主な積載物としては、飼料や肥料、木材チップ、石灰、産業廃棄物、粗大ごみなどがあり、これらが飛散するのを防ぐために、運転席からワンタッチ操作ができるパワーシート付ダンプや開閉式の天井を付けた天蓋付ダンプなどがあります。これらの積荷を排出する場合、アオリが深いために、アオリが一枚だけでなく中間部分で二段折りにされているもの、テールゲートが観音扉式のもの、片開き式のものなどやLゲート(Fゲート)付のもの等があります。積み荷を深煽りで守れるために、飼料や木材チップ等だけではなく、小型重機や農機具の運搬などにも使用されており、油圧シリンダーで後方に荷台をスライドし、ゆるやかなスロープを利用して積み込みが可能です。


土砂禁ダンプ(深ダンプ)の主なお取扱いメーカー

  • 日野
  • 三菱ふそう
  • いすゞ
  • UDトラックス
  • 新明和工業
  • 極東開発工業
  • 東急車両製造
  • 小平産業

現在の主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)があります。
主なダンプトラック製造業者としては、新明和工業、極東開発工業、東急車両製造、小平産業があり、日本のダンプ製造を支えています。

【売却するなら今】中古土砂禁ダンプ(深ダンプ)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ