ただいまホイールローダー(タイヤショベル)買取強化中です!

ホイールローダー高価買取

ホイールローダー(タイヤショベル)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

ホイールローダー(タイヤショベル)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

ホイールローダー(タイヤショベル)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

こんなホイールローダーでも高く買取ます!

  • 新車を購入するので少しでも高く下取りしてほしい
  • どこも買い取ってくれないタイヤショベル
  • 倉庫に眠っているタイヤショベル
  • 仕事で不要になったタイヤショベル
  • タイヤショベルの買取価格の相場を知りたい

トラックジャパンでは、過走行気味なホイールローダー、車両に傷が付いてしまっているホイールローダーなど、どんな状態の重機でも買取ます。もし、倉庫に眠っている、野ざらしのまま放置してしまっているホイールローダーがある場合はぜひ、トラックジャパンへお問い合わせ下さい。

ホイールローダー(タイヤショベル)について

ホイールローダー(タイヤショベル)とは?

ホイールローダーとはホイールローダー(タイヤショベル)とは、トラクターショベルの中で車輪で走行するものを言います。土砂や石等をすくい上げ、ダンプトラックなどに詰め込む建設機械であり、機体前方のバケットを高く持ち上げ、多少の距離の運搬も可能です。油圧ショベルよりサイズの大きいバケットを付けているため、より多くの土砂などを一度に詰め込むことが可能です。サイズにも、小型のミニホイールローダーから超大型のサイズまで実に多くのサイズが揃っており、油圧ショベルと同じく幅広い現場で活躍しています。また、車輪は四輪駆動にいます。装備するタイヤに種類があり、使う場所、地面の種類によって付け替えられています。ちなみに、ホイールローダーは大型特殊自動車であるため、運転する際には大型特殊免許が必要になります。

あらゆる場面で大活躍のホイールローダー(タイヤショベル)

ホイールローダーの使用用途サイズやバケット部のアタッチメントの装備を変えることにより、市街地での土木工事から鉱山や砕石等大きな現場での土砂運搬、牧場での牧草集め・飼料運びや、雪の除雪作業、林業での資材運びなど、幅広い現場で活躍します。路上の雪を取り除くのに活躍する「スノーフライヤー」、廃棄物処分場で働いている「トラッシュローダー」「トラッシュコンバクター」などもホイールローダーをベースに作成された機種になります。ホイールローダーは、ダンプトラックとペアで使われることが多く、一般的には4回分運ぶことで、ダンプが満載になる組み合わせが作業効率がいいとされており、有名な積め込み方法に『Vシェイプローディング』『クロスドライブローディング』という2種類のパターンが使われています。日本国内で一番大きな建設機械のメーカーとして小松製作所(コマツ・KOMATSU)があり、世界でも第2位のシェアを誇り、活躍しています。ちなみに、世界第1位の座はアメリカのキャタピラー(CAT)社が獲得しており日本国内でも強い人気を誇ります。また、日本国内で小松製作所(コマツ・KOMATSU)に次いで大きい建設機械メーカーとしては日立建機があり、こちらも世界で第3位の事業規模を誇っています。

ホイールローダー(タイヤショベル)の主なお取扱いメーカー

  • 小松製作所
  • 日立建機
  • キャタピラージャパン
  • コベルコ建機
  • 川崎重工業
  • TCM
  • クボタ
  • ヤンマー
  • トヨタエルアンドエフ

現在の主な日本のメーカーとしては、主に小松製作所(コマツ・KOMATSU)、キャタピラージャパン(Caterpillar・CAT)、日立建機(Hitachi)、TCM(製造は日立建機に統合)、コベルコ建機(Kobelco)、川崎重工業、クボタ(KUBOTA)があります。
他にも農機のイメージが強いヤンマー(YANMAR)やトヨタL&Fなどがホイールローダーを取り扱っています。

【売却するなら今】中古ホイールローダー(タイヤショベル)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ