ただいま油圧ショベル(ユンボ)買取強化中です!

油圧ショベル高価買取

油圧ショベル(ユンボ)を売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

油圧ショベル(ユンボ)を買いたい

中古トラック・重機格安販売

油圧ショベル(ユンボ)を検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得なキャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

油圧ショベル(ユンボ)について

油圧ショベル(ユンボ)とは?

油圧ショベルとは油圧ショベルとは、建設機械や重機の中でも特に有名且つ一般的な自走式建設機械です。呼び名としては、「油圧ショベル」「ユンボ」「パワーショベル」「ショベルカー」「ドラグショベル」などがあり、また、車両重量が6トン未満のものをミニ油圧ショベルとして区別されています。油圧ショベルの中でもアタッチメントと呼ばれるショベルやバケットの部分がオペレータ向きになっているショベルを取り付けた形態をバックホーと呼び、多くの工事現場で見かけることが出来ます。ほとんどの油圧ショベルはディーゼルエンジンを動力源とし、クローラーと呼ばれる凸凹道も平気で進めるキャタピラタイプの足で走行します。また、自動車のようなタイヤを装備したホイール式タイプもあり、海外ではホイール式のモデルも数多く出回っています。ブームやアーム等の複数関節やアタッチメント付替えによる多機能化が進み、数多くの現場で幅広く活躍しています。

どんな工事現場でも大活躍の油圧ショベル(ユンボ)

油圧ショベルの使用用途掘る・削る・積み込むといった掘削作業や多機能化が進んだことによるつり荷作業、アタッチメントの付替えで切る・砕くなどで林業・解体作業など実に様々な作業が出来るため、土木建設業界の主役と言っても過言ではないほど、実に多くの工事現場で活用されています。サイズにもマイクロユンボと呼ばれる超小型のショベルから、車両重量が6t未満で小型のミニ油圧ショベル(ミニユンボ)、中型、大型、海外で活躍の超大型などがあり、作業現場に合わせた選択ができるのも魅力です。日本国内で一番大きな建設機械のメーカーとして小松製作所(コマツ・KOMATSU)があり、世界でも第2位のシェアを誇り、活躍しています。ちなみに、世界第1位の座はアメリカのキャタピラー(CAT)社が獲得しており、無限軌道を用いた走行装置をキャタピラーと一般的に認知させるほどになっています(キャタピラーは同社の商標であり、一般名としてクローラーを用います)。また、日本国内で小松製作所(コマツ・KOMATSU)に次いで大きい建設機械メーカーとしては日立建機があり、こちらも世界で第3位の事業規模を誇っています。

油圧ショベル(ユンボ)の主なお取扱いメーカー

  • 小松製作所
  • 日立建機
  • キャタピラージャパン
  • コベルコ建機
  • 住友建機
  • 加藤製作所
  • IH建機
  • 竹内製作所
  • クボタ

現在の主な日本のメーカーとしては、主に小松製作所(コマツ・KOMATSU)、日立建機(Hitachi)、キャタピラージャパン(Caterpillar・CAT)、コベルコ建機(Kobelco)、住友建機、加藤製作所(KATO・カトー)、IHI建機、竹内製作所、クボタ(KUBOTA)があります。
他にも農機のイメージが強いヤンマー(YANMAR)や北越工業(エアマン)、長野工業、イワフジ工業、リープヘル、TEREX-FUCHSなどが油圧ショベルを取り扱っています。

他社に負けない中古油圧ショベル(ユンボ)の高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ