ただいま日野ブルーリボン(BLUERIBBON)買取強化中です!

日野ブルーリボン高価買取

ブルーリボンを売りたい

中古トラック・重機高額買取

トラック・重機高額買取

電話査定:0120-979-356

用紙を印刷する

ネット査定

ブルーリボンを買いたい

中古トラック・重機格安販売

ブルーリボンを検索

トラック在庫一覧 重機在庫一覧

お得な買取キャンペーン

買取額上乗せキャンペーン

日野ブルーリボンについて

日野ブルーリボンとは?

日野ブルーリボンとは ブルーリボン(BLUE RIBBON)は、日野自動車が1951年~1975年、1982年~2000年まで大量輸送用として製造・販売されていた大型バスです。 現在は後継車種であるブルーリボンⅡが製造・販売されていますが、ブルーリボンⅡは2005年にいすゞエルガと統合された車種で、エンブレム以外の外観はいすゞエルガとほぼ同一となっています。 再販された1982年以降の車両には、全長10,990mmタイプ(ホイールベース5,600mm)、11,490mmタイプ(同6,200mm)、11,990mmタイプ(同6,600mm)の3タイプが追加され、幅広いラインナップによって路線バスや観光バスのシェアを多く獲得しました。 また、1977年に販売されていたスケルトンRS系が抱えていたエンジンの回転数を上げないとパワーが出ない、騒音が大きく実燃費が悪い、という排気量の問題もエンジンに新たに16,260ccのEF550(300PS)と16,745ccのEF750(330PS)を導入することで解決しています。


耐久性や技術力に定評があったブルーリボン

日野ブルーリボンの使用用途 定員は42名乗りがほとんどで、最大積載量は4,200kgとなっています。積載量は普通貨物の範囲ですが、車両重量が8,000kgを超えるため、運転には大型自動車免許が必要になります。 日本では初となるセンターアンダーフロアエンジンが採用されているのが特徴で、車内の床をフラットにできるこの技術の導入によって、かつては路線バス、市区町村バス、観光バスなど様々な用途で使用されていました。 そのため、長年に渡ってブルーリボンを利用している企業も多く、性能やシェア率の高さも相まって中古車市場でも頻繁に買取・販売が行われている人気車種でもあります。

日野ブルーリボンのお取扱いメーカー

  • 日野自動車

日野ブルーリボン(BLUE RIBBON)は日野自動車株式会社(HINO)が製造・販売する大型バスです。日野自動車株式会社は主にトラック・バスといった商用車を製造する日本の自動車メーカーであり、言わずと知れた国産No.1のトラックを製作し、技術力の高さからも世界的に有名で一目置かれる存在になっています。トヨタ自動車の連結子会社でもあり、トヨタグループ16社のひとつでもあります。

【売却するなら今】中古バス日野ブルーリボンの高価買取をお約束致します!!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立


トップへ